ピンク・フロイド/運命の鐘(1994)

The Division Bell [12 inch Analog]

【90年代ロックの快楽】
Pink Floyd – High Hopes

1983年にロジャー・ウォーターズが脱退して以降、デヴィッド・ギルモアをリーダーとしたピンク・フロイドの、2枚目のスタジオ・アルバム『対(The Division Bell)』のラストを飾るトラック。

ロジャー・ウォーターズ不在の作品は評価が分かれたが、全世界で1千万枚以上を売り、全英1位、全米1位、オリコン7位と大ヒットを記録した。

やっぱりみんな、ロジャーがいなくても、ギルモアがいれば良かったんだな。
わたしも同じだ。

この曲もギルモアらしい情感たっぷりの曲で、なんとなく『狂気』の頃に立ち還ったような、奥行きのあるしっかりしたサウンドが嬉しい。

Visited 24 times, 1 visit(s) today

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする