No.217 ジョン・リー・フッカー/ブーン・ブーン (1960)

Boom Boom
≪オールタイム・グレイテスト・ソング 500≫ その217
John Lee Hooker – Boom Boom

ミシシッピ州出身のジョン・リー・フッカーは1949年に32歳でレコードデビューし、83歳で老衰で亡くなる2001年まで、50年以上もの長きにわたって活動をつづけ、愛され、尊敬を集めたブルースマンだ。

ちょうどブルース・ブームの真っただ中だった60年代のヨーロッパをツアーして熱烈な歓迎を受け、70年代はカリフォルニアに移住して、ロック・ミュージシャンたちと活発に共演し、1980年には映画『ブルース・ブラザーズ』の出演で、ブルースをまだ知らないわたしのような十代の若者にまで「なんてカッコいいジジイなんだろう!」とその存在を知らしめた。
そうか、あの映画のジョン・リーはすでに60歳を過ぎていたんだな。

90年代にはロックの殿堂入りを果たし、キース・リチャーズやヴァン・モリソン、ジョニー・ウィンター、ピート・タウンゼント、マイルス・デイヴィスなど、音楽界たちのレジェンドたちと幅広く共演を重ね、死の数カ月前までレコーディングに参加するなど、ブルースマンとして輝かしい人生を送った。

演奏しながら左足でリズムをとるスタイルが実にカッコイイ。
もしかするとあれも演奏の一部で、バスドラに聴こえるのは、実は彼が床を踏む音なのかもしれない。
実にやんちゃな≪キング・オブ・ブギ≫である。
こんな野蛮なものをクールに歌うジョン・リーがどうにも素敵だ。
都会的な感じはこれっぽっちも無い、原石みたいにゴツゴツしたブルースだけど、どこかロックンロールのスピード感やフィーリングを感じたりもする。

記事を書いた人(Goro)

愛知県在住。中学卒業後、無知蒙昧のまま社会にさ迷い出て、底辺職を転々した後、地元の映画館に拾われる。映画館に10年勤めた後、レンタルビデオチェーンのバイヤーを20年勤め、現在は再び底辺職で肉体労働の日々に返り咲く。心に平安が訪れている。生活に不満はなし。音楽にはいろいろと救われている。「映画は映画館で観なきゃダメ派」ではない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする