No.301 ロバート・ジョンソン/むなしい恋 (1936)

The Complete Recordings
≪オールタイム・グレイテスト・ソング 500≫ その301
Robert Johnson – Love In Vain Blues

それにしてもデカい手だな。

わたしは彼の写真を見るといつもそう思う。
こんな手でギターを弾いているところを一度でいいから映像で見てみたいと思うが、残念ながら彼の映像は残されていない。写真ですらたった3枚しか見つかっていないそうなのだ。

ロバート・ジョンソンは、戦前のブルースマンとしては最もよく知られた存在だろう。
わたしはローリング・ストーンズのカバーによって、彼の名前を初めて知った。それがこの曲だ。

わたしはそれほどブルースに詳しいわけではないけど、このロバート・ジョンソンの音楽がいかにリアリティに満ちた画期的な音楽であり、後のロックやポップソングという豊かな実をつけるジャックと豆の木の魔法のタネのようなものであることは想像できる。

今から80年も前の音楽ではあるけど、現代のわれわれにも共感が可能な、怒りや、欲望や、あきらめや、幸福や、ユーモアや、哀しみや、絶望が聴こえてくる。
汽車が出ていき、恋が終わる、美しくもせつない情景が心に残る。

記事を書いた人(Goro)

愛知県在住。中学卒業後、無知蒙昧のまま社会にさ迷い出て、底辺職を転々した後、地元の映画館に拾われる。映画館に10年勤めた後、レンタルビデオチェーンのバイヤーを20年勤め、現在は再び底辺職で肉体労働の日々に返り咲く。心に平安が訪れている。生活に不満はなし。音楽にはいろいろと救われている。「映画は映画館で観なきゃダメ派」ではない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする