No.323 B.B.キング/スリル・イズ・ゴーン (1969)

Thrill Is Gone
≪オールタイム・グレイテスト・ソング 500≫ その323
B.B. King – The Thrill Is Gone

B.B.キングの代表曲だ。
50年代のシカゴブルースなどとはまた全然違う、ストリングスを大胆に取り入れたアレンジの、ブルースとポップスを融合させたような響きが新鮮で面白い。
独特の朗々と歌い上げるような声と、ワイルドというよりはクールなギターもいい。

動画を見るとわかるが、B.B.キングは、歌っている間はギターを弾かない。
本人曰く、手が不器用なので、歌いながらギターを弾くことは難しい、というのがその理由だそうだ。

Visited 21 times, 1 visit(s) today

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする