ロバート・パーマー/恋におぼれて(1985)

リップタイド

【80年代ロックの快楽】
Robert Palmer – Addicted To Love

わたしがこの【80年代ロックの快楽】を書き始めたころ、「いま思ったけど、80年代の決定版はこれだ!」とLINEでこの曲のPVを送ってきた友人がいた。

ありがたいことにわたしの周囲には、独特の音楽の趣味を持つ友人には事欠くことがない。


ロバート・パーマーの名前はもちろん知ってるけど、どんな曲だっけなと思ってそのPVを見てみたら、さすがはMTV黄金時代の真っただ中、曲もカッコいいけどそれを上回るステキなPVに思わず笑ってしまった。気に入ってしまって、その後も6回ぐらいは見た。

音楽と映像を合わせてひとつの作品として求められた時代にふさわしい傑作だ。
チープだけどクール、スタイリッシュだけどユーモラスという、まさに絶妙の80年代ミュージックビデオである。
ほんとにこんな美女バンドがいたら、売れるだろうなあ。


正直、「嫌いだったなー、こういう音」などと、昔の記憶も甦ってくる。
しかし、今はとても楽しく聴ける。
これを成長と言わずしてなんと言う。


イギリスのウェスト・ヨークシャー出身のロバート・パーマーは、1972年にR&Bのバンド、ビネガー・ジョーでデビューしたが売れずに解散、74年にソロデビューした。

1985年にロバート・パーマーに憧れていた、デュラン・デュランのアンディ・テイラーに声をかけられて、パワー・ステーションというファンキーなエレポップ・バンドに参加し、成功を収めた。

この「恋におぼれて」は、その直後に発表したソロ・シングルだ。
全米1位、全英5位の、ロバート・パーマー最大のヒット曲となった。


その後、90年代になっても順調に活動を続け、イギリスのチャートにコンスタントにシングルを送り込んだ。

そして2003年、パリ滞在中に心臓発作で他界した。
まだ54歳という若さだった。

記事を書いた人(Goro)

愛知県在住。中学卒業後、無知蒙昧のまま社会にさ迷い出て、底辺職を転々した後、地元の映画館に拾われる。映画館に10年勤めた後、レンタルビデオチェーンのバイヤーを20年勤め、現在は再び底辺職で肉体労働の日々に返り咲く。心に平安が訪れている。生活に不満はなし。音楽にはいろいろと救われている。「映画は映画館で観なきゃダメ派」ではない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする