EMF/アンビリーヴァブル(1990)

Schubert Dip

【90年代ロックの快楽】
EMF – Unbelievable

最近、若者のあいだで90年代ファッションやカルチャーが流行っているのだそうだ。

DA PUMPの「U.S.A.」を若者たちが「ダサカッコいい」と言うのもそうだけど、「一周回って面白い」ということなのだろうが、本来なら対義語であるはずの「カッコいい」と「ダサい」を同時に良いと思えるなんて、まるで侘び寂びの境地に達しているかのようだ。
われわれの若い頃にはそんな高度な境地にはまだ達していなかった。カッコいいものが正義で、ダサいものは悪だと思っていた。

しかし結局そんなものはただその時代の国民共通の幻想や思い込みみたいなもので、年月が経てば、最先端のオシャレもクソダサく見えることは誰もが経験があるにちがいない。
今はもう人類も進化したので、そんなことは思わない。最新のオシャレはカッコいいけれど、同時にクソダサいものであるということもみんなうっすらとわかっているのだ。
人類も進化したものだ。

ならばわたしなりに、90年代ロックの「ダサカッコいい」やつをお薦めしてみようと考えていたら、これを思い出した。
良い意味でダサカッコよくて、ぜひ今の時代の若者にお薦めしたい。わたしのブログを読んでいる若者が1人でもいればの話だけれど。

EMFは当時、スケーター・ファッションでジーザス・ジョーンズの弟分みたいな感じでイギリスから出てきた。
デジタル・ダンス・ビートとロックとヒップホップを融合させた、当時はロックの最先端として迎えられ、全英3位、全米1位と大ヒットした曲がこの「アンビリーヴァブル」だ。

しかし最先端というのは次に待ち構えている最先端に確実に取って代わられる運命にあるわけで、移りゆく世にし有りせばうつせみの人の言の葉でもあるので、EMFも3枚のアルバムを残して、97年には解散してしまった。

記事を書いた人(Goro)

愛知県在住。中学卒業後、無知蒙昧のまま社会にさ迷い出て、底辺職を転々した後、地元の映画館に拾われる。映画館に10年勤めた後、レンタルビデオチェーンのバイヤーを20年勤め、現在は再び底辺職で肉体労働の日々に返り咲く。心に平安が訪れている。生活に不満はなし。音楽にはいろいろと救われている。「映画は映画館で観なきゃダメ派」ではない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする