ザ・フー/アイ・キャント・エクスプレイン(1964)

ザ・シングルス

【60年代ロックの快楽】
The Who – I Can’t Explain

キンクスに影響を受けたという、ザ・フーのデビュー・シングル。全英8位のヒットとなった。

「説明できない」という意味のタイトルがいかにもザ・フーらしい、シンプル・イズ・ベストなガレージ・ロック。ザ・フーは、最初からザ・フーだったのだ。

胸の中に生まれた熱い感覚や辛い気持ちをうまく説明できない、という歌詞で、恋愛のことを歌っているようにも取れるけれど、世界が大きく変わりつつあった時代背景だし、やっぱりザ・フーなので「おれたち若い世代が感じているこの気持ちは、古い世代の言葉じゃ説明出来ないんだ」とでも受け取りたい。

こんなにカッコいい曲なのだから、それにふさわしい意味を想像しながら聴くほうがいいじゃないか。

記事を書いた人(Goro)

愛知県在住。中学卒業後、無知蒙昧のまま社会にさ迷い出て、底辺職を転々した後、地元の映画館に拾われる。映画館に10年勤めた後、レンタルビデオチェーンのバイヤーを20年勤め、現在は再び底辺職で肉体労働の日々に返り咲く。心に平安が訪れている。生活に不満はなし。音楽にはいろいろと救われている。「映画は映画館で観なきゃダメ派」ではない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする