No.411 キンクス/ストップ・ユア・ソビン (1964)

Kinks
Kinks – Stop your sobin
≪オールタイム・グレイテスト・ソング 500≫ その411

1964年のキンクスの1stアルバム『キンクス』の最後に収録された曲。

キンクスの1stアルバムは、シングル「ユー・リアリー・ガット・ミー」の大ヒットを受けて急遽、1週間で録音されたそうだ。
半分がオリジナル、半分がカバー曲という構成だが、短期間で録音されたというやっつけ感などまったく感じられない素晴らしい出来だ。
60年代ブリティッシュビート・バンドの1stアルバムとしては、ストーンズ、フー、ビートルズと並ぶ傑作アルバムである。

とくに「ユー・リアリー・ガット・ミー」は有名だし、もちろん名曲だけど、ここではこの「ストップ・ユア・ソビン」を採りたい。
シングルカットすらされていないけど、これぞレイ・デイヴィス!と言いたくなるような独特のソングライティングが素晴らしい。

せつない系のメロディと、ユーモアとペーソスあふれる後年のナンバーへとつながっていく、最初の名曲だ。
キンクスの原点は「ユー・リアリー・ガット・ミー」ではなくて、この「ストップ・ユア・ソビン」だとわたしは思っている。レイ・デイヴィスは初めからレイ・デイヴィスだったのだ。
また、その後の英国ロックにも綿々と引き継がれていく、「せつない系」というひとつの路線を敷いた曲でもあると思う。

1979年にはプリテンダーズがこの曲をデビュー・シングルとして発表している。
デビュー・シングルにこの曲を選ぶセンスだけでもカッコ良すぎるが、その出来もまた素晴らしい。

Visited 15 times, 1 visit(s) today

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする