アニマルズ/悲しき願い(1965)

Animal Tracks [10 inch Analog]

【60年代ロックの快楽】
The Animals – Don’t Let Me Be Misunderstood

60年代のブリティッシュ・ビート・バンドたちは、白人の若者がいかに黒人のように歌えるかを競い合っていた側面もあった。そういう意味ではミック・ジャガー以上と評価されていたのがこのアニマルズのエリック・バードンだった。

この曲はベニー・ベンジャミン、グロリア・コールドウェル、ソル・マーカスの共作によって書かれ、ニーナ・シモンが1964年に録音した。
ニーナ・シモン版は渋いソウル・バラードだったが、それをアップテンポにして、オルガンのリフを入れたバージョンをアニマルズが翌年に発表した。

「朝日のあたる家」もそうだけど、こういうカバーをやらせるとアニマルズは滅法上手い。サム・クックの「ブリング・イット・オン・ホーム・トゥー・ミー」やジョン・リー・フッカーの「ブーン・ブーン」などのカバーも素晴らしい出来だ。

60年代中頃まではストーンズ、ビートルズ、ザ・フー、キンクスと並んでブリティッシュ・ビート・バンドの代表格だったが、時代がオリジナル曲全盛になってからは、アニマルズは後れを取ってしまった印象だ。68年にアメリカへ渡ってサイケデリック・ロックのバンドとして活動するものの続かず、翌年には解散してしまう。

この曲は、尾藤イサオが1965年に日本語でカバーして大ヒットした。
そのイメージが強いからというだけでなく、なんとなくこの曲には元からもっちゃりとした歌謡曲感がまといついているように感じるのはわたしだけだろうか。
それとも、みんな尾藤イサオのせいなのか。

記事を書いた人(Goro)

愛知県在住。中学卒業後、無知蒙昧のまま社会にさ迷い出て、底辺職を転々した後、地元の映画館に拾われる。映画館に10年勤めた後、レンタルビデオチェーンのバイヤーを20年勤め、現在は再び底辺職で肉体労働の日々に返り咲く。心に平安が訪れている。生活に不満はなし。音楽にはいろいろと救われている。「映画は映画館で観なきゃダメ派」ではない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする