スペンサー・デイヴィス・グループ/アイム・ア・マン(1967)

Best of Spencer Davis

【60年代ロックの快楽】
Spencer Davis Group – I’m a Man

「アイム・ア・マン」というとボ・ディドリーのブルース・ナンバーを思い出すけど、この曲はスペンサー・デイヴィス・グループのオリジナルである。ヴォーカルのスティーヴ・ウィンウッドと、プロデューサーのジミー・ミラーの2人によって書かれ、全英9位、全米10位のヒットとなった。

米国ブルックリン出身のジミー・ミラーは、もともとドラムやパーカッションの奏者で、ブリティッシュ・ビート・バンドをアメリカ南部の味付けで料理して、ロック史に残る名盤を数多く輩出したことで知られる。その最初の成功がこのスペンサー・デイヴィス・グループの「ギミ・サム・ラヴィング」と「アイム・ア・マン」のシングルだった。

この1年後に、『サタニック・マジェスティーズ』のしくじりで死にかけのローリング・ストーンズにジミー・ミラーは雇われる。
ストーンズのメンバーにどんな魔法をかけたのか知らないが、彼らの代表曲となるシングル「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」をプロデュース、さらには『ベガーズ・バンケット』『レット・イット・ブリード』と言った米国南部テイストが濃厚な名盤を立て続けに世に送り出し、ブリティッシュ・ビートの時代を終わらせ、ロックの新たな地平を切り拓くことになる。

キーボードを弾きながら歌っているのがスティーヴ・ウィンウッド。ミック・ジャガーやエリック・バードンとタメを張れるぐらいのソウルフルなヴォーカルだが、このときたったの19歳。当然だけれど、天才ともてはやされた。

バンド名になっているスペンサー・デイヴィスはギタリストだ。ちょっと存在感が薄い印象だが、やはりグループの柱だったのだろうか。
日本で言ったら内山田洋とクールファイブみたいなものだろうか。

記事を書いた人(Goro)

愛知県在住。中学卒業後、無知蒙昧のまま社会にさ迷い出て、底辺職を転々した後、地元の映画館に拾われる。映画館に10年勤めた後、レンタルビデオチェーンのバイヤーを20年勤め、現在は再び底辺職で肉体労働の日々に返り咲く。心に平安が訪れている。生活に不満はなし。音楽にはいろいろと救われている。「映画は映画館で観なきゃダメ派」ではない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする