No.431 レッド・ツェッペリン/コミュニケーション・ブレイクダウン (1969)

Led Zeppelin (Remastered)
≪オールタイム・グレイテスト・ソング 500≫ その431
Led Zeppelin – Communication Breakdown

レッド・ツェッペリンの1stシングル「グッド・タイムズ・バッド・タイムズ」のB面として発売された曲だ。わたしはA面の曲よりこっちのほうが好きだ。

この曲もまた、ロックを変えた革命的な1曲だろう。
この4人が集まった瞬間、薬品の瓶がいくつか倒れて生まれた完全にヤバい化学反応が、こんなモンスターのような音楽を生んだのだろう。

誕生したのは《ハード・ロック》と呼ばれるモンスターだった。
70年代ロックの扉を開き、地球上のあらゆる場所で勢力を拡大し、女・子供を食いまくり、無茶苦茶に金を稼ぐのである。

記事を書いた人(Goro)

愛知県在住。中学卒業後、無知蒙昧のまま社会にさ迷い出て、底辺職を転々した後、地元の映画館に拾われる。映画館に10年勤めた後、レンタルビデオチェーンのバイヤーを20年勤め、現在は再び底辺職で肉体労働の日々に返り咲く。心に平安が訪れている。生活に不満はなし。音楽にはいろいろと救われている。「映画は映画館で観なきゃダメ派」ではない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする