グレタ・ヴァン・フリート/ハイウェイ・チューン(2017)

GRETA VAN FLEET - BLACK SMOKE RISING (EP) (1 CD)

【21世紀ロックの快楽】
Greta Van Fleet – Highway Tune

元レッド・ツェッペリンのロバート・プラントがお気に入りのバンドに挙げていたので聴いてみたら、まるでそのものだったので笑ってしまった。きっともう、可愛い孫でも見るような気持ちなのだろう。


2017年にデビューしたばかりの米ミシガン州出身の4人組は、ヴォーカルとギターが双子で21歳、ベースがさらにその弟で18歳、そしてドラムが親友の18歳という、3兄弟+親友という編成である。
ドラムの親友君はキーボードやベースも弾けて、楽器を持ったら数分でマスターしてしまう天才らしい。


このどうやら天才みたいなクソガキたちの1stシングルがこの「ハイウェイ・チューン」で、米ロックチャートで1位となり、絶滅寸前のロック界に現れた希望の星として、時代遅れのロックファンたちから熱い視線を浴びている。

兄弟の家には祖父のコレクションのクラシックロックやブルースのレコードが山のようにあり、それを聴きながら育ったそうだ。父親もまたミュージシャンなのだそうだ。
ロックはすでに、親子三代に聴き継がれるようになったのである。


えらいもんが出てきたものだ。Tシャツ破ってるヤツなんて久しぶりに見たな。

まだ楽曲の完成度としては粗いが、グルーヴもあるし、カッコいいじゃないか。

孫の代たちによる、ロックの未来に期待しよう。

記事を書いた人(Goro)

愛知県在住。中学卒業後、無知蒙昧のまま社会にさ迷い出て、底辺職を転々した後、地元の映画館に拾われる。映画館に10年勤めた後、レンタルビデオチェーンのバイヤーを20年勤め、現在は再び底辺職で肉体労働の日々に返り咲く。心に平安が訪れている。生活に不満はなし。音楽にはいろいろと救われている。「映画は映画館で観なきゃダメ派」ではない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする