No.047 アリス・クーパー/俺の回転花火 (1971)

Killer
≪オールタイム・グレイテスト・ソング 500≫ その47
Alice Cooper – Under My Wheels

当時はステージで毎回絞首刑にされていた頃のアリス・クーパー初期の名曲。
口うるさい彼女を車で轢き殺してやりたい、と歌うアブない歌だ。

邦題の「回転花火」はなんなんだろう?
よくわからないが、この曲をユーモアと共に広めるのには一役買っただろう。だから許す。

当時はまだグラム・ロックという言葉さえなかった時代なので、彼らのデビュー当時、日本では「病めるアメリカ、5人組のホモ・グループ登場!」などと紹介されたらしい。

アリス・クーパーと言えばホラーっぽいビジュアルの印象があるが、下の動画を見るとこのころはまだかなり雑なメイクなのが面白い。

まあそれにしても、なんてカッコいい曲なんだろう。

記事を書いた人(Goro)

愛知県在住。中学卒業後、無知蒙昧のまま社会にさ迷い出て、底辺職を転々した後、地元の映画館に拾われる。映画館に10年勤めた後、レンタルビデオチェーンのバイヤーを20年勤め、現在は再び底辺職で肉体労働の日々に返り咲く。心に平安が訪れている。生活に不満はなし。音楽にはいろいろと救われている。「映画は映画館で観なきゃダメ派」ではない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. リュウジ より:

    正しくロックだ❗️しびれるぜ変態のふりしてこれだけ魂があるのだから頭が良いのだろう‼️

  2. とおる より:

    久しぶりに聴いた。カッコいいね・・・・!!!
    しびれた!!アリスクーパー!!