ザ・ローリング・ストーンズ/リヴ・ウィズ・ミー(1969)

レット・イット・ブリード

ザ・ローリング・ストーンズ
【100 グレイテスト・ソングス】#10
Live With Me

69年の名盤『レット・イット・ブリード』収録曲。

ベースのリフがカッコイイ曲だ。

翌年発表のライヴ盤『ゲット・ヤー・ヤズ・アウト』ではミック・テイラーがギターでキレのいいリフを弾いていて、レッド・ツェッペリンみたいなハードロックテイストが、めちゃカッコ良くて好きだった。

ただ、いま聴くとヤー・ヤズ・バージョンはいかにも70年代ロック、という感じがするが、逆にオリジナルのバージョンは2000年代のロックンロールバンドみたいにクールに聴こえる。

大昔に聴いていたものが、いろんな聴き方を覚えたせいで、また新鮮に聴こえるのだ。

今ならこの、甘くも辛くもないプレーン味みたいな、オリジナルバージョンのほうを聴きたくなるなあ。

Visited 1 times, 1 visit(s) today

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする