No.331 ヴァン・モリソン/ストーンド・ミー (1970)

ムーンダンス<Free Soul SHM-CD Collection>
≪オールタイム・グレイテスト・ソング 500≫ その331
Van Morrison – And it stoned me

またまたわたしの溺愛聴盤、ヴァン・モリソンの名盤『ムーンダンス』より。

その前のアルバム『アストラル・ウィークス』はロックともジャズともスワンプとも言い難い、まるで新しい音楽ジャンルをひとりでつくってしまったような、斬新すぎてガチすぎて素晴らしすぎたため、まったく売れなかったそうな。

そのためこの3rdアルバム『ムーンダンス』では、路線は同じだけど、もうちょっとわかりやすいものにしようと考えたのではないだろうか。
それは見事に成功している。

彼はこのときたったの24歳だが、この熟成された歌声や、独特の世界を持った音楽をすでに完成しているのは驚くべきことだ。
やはり天才は違うのである。

アルバムの1曲目、この「ストーンド・ミー」はイントロなしでいきなり始まり、オーティス・レディングやザ・バンドを想起とさせるようなじんわりと沁みるメロディ、その素晴らしい声、そしてアコースティックなサウンドが美しいアレンジに、いつのまにかこのアルバムのディープで豊潤な夜の世界にずるずると滑り落ちていく。

そしてもう二度と抜け出せない。

記事を書いた人(Goro)

愛知県在住。中学卒業後、無知蒙昧のまま社会にさ迷い出て、底辺職を転々した後、地元の映画館に拾われる。映画館に10年勤めた後、レンタルビデオチェーンのバイヤーを20年勤め、現在は再び底辺職で肉体労働の日々に返り咲く。心に平安が訪れている。生活に不満はなし。音楽にはいろいろと救われている。「映画は映画館で観なきゃダメ派」ではない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする