ヴァン・モリソン【名曲ベストテン】VAN MORRISON Greatest 10 songs

エッセンシャル・ヴァン・モリソン

北アイルランド・ベルファスト出身のヴァン・モリソンは、1964年にR&Bグループ、ゼムのヴォーカリストとしてデビューした。

しかし、バンドをポップ・スターのように売り出していこうとするレコード会社やマネジメントに嫌気がさして66年に脱退、翌67年にソロ・デビューする。
以降はR&Bやルーツ・ミュージックを礎に、ロックやポップスの枠にとらわれない実験的なサウンドや、オリジナリティ溢れる唯一無比の音楽を創造していった。

まさに音楽に魂を捧げたような、孤高の天才である。

ヴォーカリストとしての素晴らしさはもちろんだけれど、商業的成功も名声も眼中にないような、真に美しく、熱い感情が迸る、聴く者の魂を揺さぶるような音楽を創造する、ロックスターではなく「音楽家」としての真摯な姿勢は、ファンだけでなく同業のアーティストたちからもリスペクトを集めて来た。

わたしはつい4年ほど前に初めて彼の音楽を知り、一時期はほぼ毎晩のように聴いたほどハマったものだった。

わたしも若い頃に聴いていたら、よくわからなかったもしれない。

ブルース、カントリー、ジャズ、アイリッシュ・フォークといったルーツ・ミュージックの土壌から直接生まれた野生の草花のような音楽は、地味に聴こえるかもしれないが、それこそが商業主義や流行への追従にまったく毒されていない、天然物ならではの素朴な美が宿っている。それはもう、絶滅危惧種と言っても過言ではないほど、貴重な美しさである。

以下は、わたしが愛するヴァン・モリソンの至極の名曲ベストテンです。

第10位 ドミノ(1970)
Domino

4枚目のアルバム『ストリート・クワイア(His Band and the Street Choir)』からのシングルで、全米9位のヒットとなった。これはヴァン・モリソンにとってシングル・チャート最高位である。

「ドミノ」とはニューオーリンズR&Bのレジェンド、ファッツ・ドミノのことで、彼に捧げられた曲だ。彼から受けた大きな影響に対する、ヴァン・モリソンなりのニューオーリンズ・サウンドでの返礼である。

「ドミノ」の過去記事はこちら

第9位 テュペロ・ハニー(1971)
Tupelo Honey

5枚目のアルバム『テュペロ・ハニー』のタイトル曲、全米47位。「クレイジー・ラヴ」の変奏版みたいな曲だ。

美しいジャケットは、歩いているのがヴァン・モリソンで、馬に乗っているのが彼の奥様だ。なんだか童話の中の夫婦みたいな。この音楽の世界観にぴったりだ。

「テュペロ・ハニー」の過去記事はこちら

第8位 ブラウン・アイド・ガール(1967)
Brown Eyed Girl

前年にゼムを脱退したヴァン・モリソンの、ソロ・デビュー・シングル。いきなり全米10位の大ヒットとなった。

この曲は長く愛され続け、アメリカのラジオ局では通算1,000万回以上放送されたという、ヴァン・モリソンの曲の中では最も広く知られた曲である。

「ブラウン・アイド・ガール」の過去記事はこちら

第7位 グロリア(1964)
Gloria

ゼムのデビュー・シングルのB面として発表された、19歳にしてすでにヴァン・モリソンの天才が炸裂した名曲。シビれるほどカッコいい。

多くのカバーを生み、中でもパティ・スミスのバージョンは、NYパンクを象徴する1曲となり、パンクスたちにも愛された。

「グロリア」の過去記事はこちら

第6位 アストラル・ウィークス(1968)
Astral Weeks

ヴァン・モリソンがその真のオリジナリティを開花させた2nd『アストラル・ウィークス』のタイトル曲。

どんなジャンルにも当てはまらない、革新的で衝撃的な音楽だ。
繰り返し聴くうちに、その異様さ、美しさ、激しさ、奥深さは、まるで宇宙の深淵を覗くような気分になってくる。

「アストラル・ウィークス」の過去記事はこちら

第5位 キャラヴァン(1970)
Caravan

ロック史上の十指に入る名盤3rd『ムーンダンス(Moondance)』収録曲。

映画『ラスト・ワルツ』で、ザ・バンドと共に熱演を繰り広げたことでも知られた曲だ。

オリジナルはさらにキレの良い演奏が素晴らしい。

「キャラヴァン」の過去記事はこちら

第4位 ストーンド・ミー(1970)
And It Stoned Me

『ムーンダンス』のオープニング・トラック。

イントロなしでいきなりヴァン・モリソンの幽玄な世界へ引きずり込まれる。
じんわり心に沁みるメロディ、胸を熱くする独特のアコースティック系R&Bサウンド、魂の音楽に出会えた感動が襲う。

「ストーンド・ミー」の過去記事はこちら

第3位 ムーンダンス(1970)
Moondance

ジャズ風のアレンジがカッコいい、3rd『ムーンダンス』のタイトル・トラック。

たった24歳の若者が、とんでもない境地に達したことに鳥肌が立つほどだ。

ロックの枠を超えた〈夜の音楽〉だ。

「ムーンダンス」の過去記事はこちら

第2位 クレイジー・ラヴ(1970)
Crazy Love

『ムーンダンス』からのシングルで、そのシンプルでロマンティックな曲想で広く知られたヴァン・モリソンの代表曲。

ヴァン・モリソンの囁くようなヴォーカルと、絡み合う女声コーラス、アコギの美しい響きが感動的だ。いつ聴いても、涙が出そうになる。

「クレイジー・ラヴ」の過去記事はこちら

第1位 イントゥ・ザ・ミスティック(1970)
Into the Mystic

わたしがヴァン・モリソンに最初にハマったのがこの曲だった。

特徴的なベースラインがまず耳に残り、ところどころに入るアコギの小さな美しいフレーズに心奪われ、管楽器のフレーズが頭から離れなくなった。

聴くたびに心の奥深くへと入り込んでくる気がした。
眠れない夜によくこの曲を聴いたけど、何度聴いても飽きない。

「イントゥ・ザ・ミスティック」の過去記事はこちら

入門用にヴァン・モリソンのアルバムを最初に聴くなら、ベスト盤よりもロック史上屈指の名盤『ムーンダンス(Moondance)』からぜひ聴いてほしいと思う。

選んだ10曲がぶっ続けで聴けるまとめ動画集をYouTubeで作成しました。

↓まとめ動画集

また、apple musicのプレイリストとしても作成済みです。

apple musicをご利用の方はこちらのリンクからプレイリストにジャンプできます。

ヴァン・モリソン【名曲ベストテン】VAN MORRISON Greatest 10 songs
(goromusic.com)

ぜひお楽しみください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする