No.416 ザ・フォー・トップス/アイ・キャント・ヘルプ・マイセルフ (1965)

50th Anniversary Anthology (Dig)
≪オールタイム・グレイテスト・ソング 500≫ その416
The Four Tops – I Can’t Help Myself (Sugar Pie, Honey Bunch)

60年代にモータウン4大グループと称されたのが、シュープリームス、スモーキー・ロビンソン&ミラクルズ、テンプテーションズ、そしてこのフォー・トップスだ。

彼らはまず1956年にチェスレコードと契約したものの鳴かず飛ばずで、63年にモータウンへ移籍してこの曲で全米1 位の大ヒットをかっ飛ばした。

躍動感のあるリズムとストリングスの組み合わせは、野蛮と洗練の両方を追求したようなモータウンサウンドの典型のような名曲だ。わたしはいつ聴いてもテンションが上がる。大好きな曲だ。
曲を書いたのはシュープリームスの一連のヒット曲を書いた職人さんたち、ホーランド=ドジャー=ホーランドだ。だからちょっとシュープリームスっぽい。

フォー・トップスはデビュー以来52年間、一度もメンバーチェンジをせず、ずっとデトロイトを離れずに活動してきたが、残念ながら2008年にリード・ヴォーカルのリーヴァイが死去した。
しかし、新たなリード・ヴォーカルを加え、他の3人はオリジナルメンバーのまま、現在も活動中である(拍手)。