ザ・ローリング・ストーンズ/ビゲスト・ミステイク(2005)

ア・ビガー・バン(初回受注完全生産限定)

ザ・ローリング・ストーンズ
【100グレイテスト・ソングス】#95
The Rolling Stones – Biggest Mistake

『ア・ビガー・バン』からの第3弾シングルとなった曲。

「ひとりで食事をし、ただソファーに座って酒を飲みながらテレビを見る。そして友人と電話をするだけで一日が終わってしまう」という男は、彼女と暮らした幸福な日々があったのに、「それをあたりまえに思って、せっかちな態度で不親切に行動し、家を出てきてしまった。それは人生最大の過ちだった」と歌う。

アコギで弾かれるサウンドと遅めのテンポ、還暦になった男たちの演奏によるリアリティが、心を揺さぶる名曲だ。

聴きながら自然と、わたしの人生最大の過ちはなんだっただろう、と想いをめぐらしてしまう。

わたしの場合は、過ちが多すぎて、どれが最大なのかよくわからない。

でも、タイムマシンで過去に遡ってなにかをやり直せるとしても、きっと怖くてできないだろうな。
それをやり直したことで、なにかが得られるかもしれないけれど、同時になにかが失われるだろうし、また別の深刻な問題を抱えるかもしれない。

わたしにとって大切な人間が、記憶もろとも消えてしまうかもしれない。
それはもう、想像しただけでもゾッとする。
息が止まりそうになるぐらい、胸が締め付けられる。

こんなたいしたことない人生でも、失いたくないものは結構あるものだ。
きっと、過ちによって得られたものもあるに違いない。

じゃあ人生の過ちも、そんなに悪いものじゃないな。

Visited 18 times, 1 visit(s) today

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする