シェリル・クロウ/オール・アイ・ウォナ・ドゥ(1994)

チューズデイ・ナイト・ミュージック・クラブ

【女子ロックの快楽】#8
Sheryl Crow – All I Wanna Do

この曲はシェリル・クロウの2枚目のシングルで、1stアルバム『チューズデイ・ナイト・ミュージック・クラブ』に収録された曲だ。全米2位、全英4位の世界的ヒットとなった。
30歳を過ぎてからデビューした遅咲きのシェリル・クロウだが、音速で大ブレイクした感じだ。

シンガー・ソングライターとして、ロック、ポップス、カントリー、ヒップホップなど、様々なジャンルを自由に横断し、闊歩するような、当時は画期的な女性アーティストで、圧倒的にカッコ良かった。

ジャンルを横断するスタイルのおかげか、ローリング・ストーンズ、マイケル・ジャクソン、ウィリー・ネルソン、スティング、ボブ・ディラン、ルチアーノ・パヴァロッティなど、ありとあらゆるジャンルのアーティストと共演している。

というよりアーティストとしても女性としてもあまりに魅力的だから、男たちがほっておかなかったということなのかもしれないが。

Visited 57 times, 1 visit(s) today

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする