ザ・ローリング・ストーンズ/ビースト・オブ・バーデン(1978)

SOME GIRLS

【ザ・ローリング・ストーンズ 100グレイテスト・ソングス】#52
The Rolling Stones – Beast of Burden

1978年のアルバム『女たち(Some Girls)』からの2ndシングルで、全米8位のヒットとなった。

「ビースト・オブ・バーデン」とは、農作業や荷物を運ぶ車を牽く牛や馬などの家畜のことで、「おまえの家畜になりたくはない、愛してほしいんだ」みたいなことを歌っているらしい。

キース・リチャーズとロン・ウッドは、今年6月のRolling Stone誌のインタビューでこの曲について、なぜかミック・ジャガーはあまりやりたがらない、と語っている。

ロン「バンドはこの曲でサウンドチェックをいつもしている。だからなぜミックがこの曲をセットリストに入れないのかが謎だ。俺がセットリストを見て、『ミック、この曲のリハーサルをやっただろ!』と言うんだよ。だけど彼は返事もしないでーー焦らしみたいなものだな。そして3週間後、ようやくセットに入るんだ。だから、いつでもできるように準備しているんだよ」

キース「この曲をもっとやれたら良いんだけどね。いつだってこれを演奏すると、冒険しているような感覚になるし、新たな発見がある。でも、ミック次第なんだ。彼がやりたくない時はやらない」

ストーンズの曲の中でも人気の高い曲のひとつだが、若い頃のわたしにはあまりピンと来なかった。今は好きだ。大人にならないとわからないことは、たくさんある。

1984年にベット・ミドラーがこの曲をカバーしている。PVにはミックも出演し、小芝居を演じている。

記事を書いた人(Goro)

愛知県在住。中学卒業後、無知蒙昧のまま社会にさ迷い出て、底辺職を転々した後、地元の映画館に拾われる。映画館に10年勤めた後、レンタルビデオチェーンのバイヤーを20年勤め、現在は再び底辺職で肉体労働の日々に返り咲く。心に平安が訪れている。生活に不満はなし。音楽にはいろいろと救われている。「映画は映画館で観なきゃダメ派」ではない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする