ザ・ローリング・ストーンズ/ロックス・オフ(1972)

メイン・ストリートのならず者

ザ・ローリング・ストーンズ
【100 グレイテスト・ソングス】#12
The Rolling Stones – Rocks Off

1972年の傑作2枚組アルバム『メインストリートのならず者』の冒頭を飾る曲だ。

いかにも「名盤でございます」というダサい威厳もなく、ソウルフードと創作料理でごちゃついた大衆酒場のメニューみたいな気楽で味わい深いカオスが今も鮮度を保っている、ロック史上最もクールな超名盤である。


アルバムのスタートを軽やかに飾る、ラフな演奏がカッコいいロックンロールだ。

キース・リチャーズのゴツゴツとしたギターのイントロが鳴り、ミック・ジャガーのいま起きたみたいな「イェ~」という声を聴いただけで、いつでもテンションが上がる。


この曲は、1973年の来日記念盤として、日本でのみシングルで発売されている。来日は幻となったが。

6年ほど前には、サントリーから発売された「ストーンズバー」というお酒のシリーズのCMに使われ、CDシングルも発売された。

そんなこんなで、日本ではけっこう親しまれている曲でもある。

動画は23年前の、東京ドーム。

記事を書いた人(Goro)

愛知県在住。中学卒業後、無知蒙昧のまま社会にさ迷い出て、底辺職を転々した後、地元の映画館に拾われる。映画館に10年勤めた後、レンタルビデオチェーンのバイヤーを20年勤め、現在は再び底辺職で肉体労働の日々に返り咲く。心に平安が訪れている。生活に不満はなし。音楽にはいろいろと救われている。「映画は映画館で観なきゃダメ派」ではない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする