パール・ジャム/イーヴン・フロウ(1991)

Ten

【グランジ・ロックの快楽】
Pearl Jam – Even Flow

当時「グランジ」と呼ばれたのは、80年代に流行した見栄えも華やかでカッコいいメタル・バンドたちと真逆の、歪んだギターと荒っぽいサウンド、見た目も小汚いバンドたちだった。

特にシアトルのサブ・ポップ・レーベル出身の、ニルヴァーナ、マッドハニー、パール・ジャム、サウンドガーデン、L7などは、それぞれ音楽性も違ったものの、すべて一括りに「グランジ」と呼ばれたものだ。

音楽マスコミなんてそんなものだ。すぐに適当に括って「ムーヴメント」にしたがる。そのほうが記事にしやすいからだ。

そんな風に「グランジ」は、パンクもハード・ロックもメタルも一緒みたいな乱暴な括りだったため、ニルヴァーナのカート・コバーンは「パール・ジャムなんかと一緒にしないでほしい」とはっきり言っていたものだった。

しかしパール・ジャムのフロントマン、エディ・ヴェダーは実はいいやつで、ニルヴァーナが大好きだったため、カートの発言にはめちゃくちゃ落ち込んでしょんぼりしていた。

たしかにニルヴァーナとパール・ジャムはまったく似ていない。
ニルヴァーナがパンクから進化したロックだったのに対して、パール・ジャムは70年代ハード・ロックを下敷きにした、まったく方向性の違うものに聴こえた。

ライヴでは派手なパフォーマンスをほとんどしないニルヴァーナに対して、パール・ジャムはロック的なパフォーマンスが上手かった。

この曲は彼らの1stアルバムに収録された、2枚目のシングルだ。
エネルギッシュでパワフルな彼らの良さがよく出ている。
パフォーマンスもカッコいい。

Visited 32 times, 1 visit(s) today