ザ・ローリング・ストーンズ/ダンス・リトル・シスター(1974)

イッツ・オンリー・ロックン・ロール

ザ・ローリング・ストーンズ
【100グレイテスト・ソングス】#62
The Rolling Stones – Dance Little Sister

『イッツ・オンリー・ロックンロール』収録曲。

キースのギターはまるで岩でも削る機械のように、重くて固いゴツゴツしたリフで突進するロックンロールだ。
欲望にムラムラとした獣がギャンギャンと吠え立てるようで、あまり中身がなさそうな軽快さと勢いが清々しいほどである。

ひととき、身も心も原始人に還ったような気持ちになれる、癒しのロックンロールである。

記事を書いた人(Goro)

愛知県在住。中学卒業後、無知蒙昧のまま社会にさ迷い出て、底辺職を転々した後、地元の映画館に拾われる。映画館に10年勤めた後、レンタルビデオチェーンのバイヤーを20年勤め、現在は再び底辺職で肉体労働の日々に返り咲く。心に平安が訪れている。生活に不満はなし。音楽にはいろいろと救われている。「映画は映画館で観なきゃダメ派」ではない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする