No.101 ハンク・ウィリアムズ/ムーヴ・イット・オン・オーヴァー (1947)

Anthology
≪オールタイム・グレイテスト・ソング 500≫ その101
Hank Williams - Move it on Over

この≪500≫に選ぶ曲の中で、たぶんこの曲が一番古い曲になるだろう。

1923年にアラバマ州で生まれたハンク・ウィリアムズが、24歳でMGMと契約して発売したシングルがこの曲だ。

ハンク・ウィリアムズはカントリー・ミュージック界のスーパーレジェンドであり、同時に「ロックンロールの父」と称されたりもする。

なぜロックンロールの父と呼ばれるのかは、この曲を聴けば一聴瞭然だ。
1954~55年にエルヴィスやチャック・ベリーがデビューして「ロックンロールの誕生」と呼ばれるその8年前にこの曲は発表されているが、もうほとんどロックンロールが出来上がっている。

ハンク・ウィリアムズは少年時代にギターを手に入れると、路上演奏をしていた黒人のブルースマンに、食事を提供するのとひきかえにギターを習ったのだそうだ。
そしてカントリー・ミュージックの先人たちであるロイ・エイカフやジミー・ロジャーズの影響も受けながら、彼の中でカントリーとブルースがミックスされていった。
ロックンロールはそんなふうに生まれたのだ。

ほかにも同じようにカントリーとブルースをミックスさせていったアーティストは同時代にたくさんいたと思うけど、このとても聴きやすくてだれもが心躍るような「ムーヴ・イット・オン・オーヴァー」をヒットさせて、アメリカ南部の広い範囲にロックンロールの種を撒いたハンク・ウィリアムズにはやはり「ロックンロールの父」の尊称がふさわしい。

わたしは最近になってやっと彼の音楽を聴くようになったばかりだけど、その音楽はとても興味深い。
初めてマディ・ウォーターズの音楽をまとめて聴いたときと同じように、現代まで綿々と続くロック&ポップスの源流の響きにあらためて感動を覚える。
源流に遡るほど水の流れは清々しく美しいものだ。

ハンク・ウィリアムズがロックンロールの父なら、ロックンロールの母はやはりマディ・ウォーターズだろうか。
母なんて言ったらマディに「I’m a man!」なんて怒られそうだけど。

記事を書いた人(Goro)

愛知県在住。中学卒業後、無知蒙昧のまま社会にさ迷い出て、底辺職を転々した後、地元の映画館に拾われる。映画館に10年勤めた後、レンタルビデオチェーンのバイヤーを20年勤め、現在は再び底辺職で肉体労働の日々に返り咲く。心に平安が訪れている。生活に不満はなし。音楽にはいろいろと救われている。「映画は映画館で観なきゃダメ派」ではない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする