ダイナソーJr.【名曲ベストテン】Dinosaur Jr. Greatest 10 Songs

ダイナソーJr.の登場は衝撃的だった。1980年代末のことである。

疾走感あふれるビートに眠たそうなヴォーカル、ポップなメロディと雷鳴のような轟音ギター、殺伐とした音響にポジティヴなアティテュードというあり得ない組み合わせが、パンク以来の刺激でド直球のロックンロールを誕生させた。
90年代のオルタナティヴ・ロックの流行は、このダイナソーJr.の影響が相当大きかったと思う。

あらためて聴いても、この凄まじいギターは唯一無比だ。
襲い掛かり方が尋常じゃないし、斬り裂き方はまるで腹を空かした肉食竜だ。噛みつき、のたうち、暴れ回る、トチ狂った恐竜のようだ。

その明るく獰猛な音楽は、あの生気のない言動と冴えない見た目のJ・マスシスのイメージとのギャップが凄いのもまた面白かった。彼はわたしの最高のギター・ヒーローのひとりだ。

以下は、わたしが愛するダイナソーJr.の至極の名曲ベストテンです。

第10位 オルモスト・レイディ(2007)
Almost Ready

Beyond

1997年に一度解散したダイナソーJr.だったが、10年後の2007年にオリジナル・メンバーで再結成。発表したアルバムが『ビヨンド(Beyond)』で、この曲はそのオープニング・トラックだ。

びっくりするほど30年前と何も変わらない、J、ルー、マーフによるダイナソー・サウンドが嬉しい。

第9位 サム(1991)
Thumb

グリーン・マインド (デラックス・エディション) GREEN MIND (DELUXE EXPANDED EDITION)

メジャー移籍第1弾『グリーン・マインド(Green Mind)』収録曲。ダイナソーJr.には、こういうスロー・テンポのメランコリックな曲にも佳曲が多い。

このアルバムだけなぜか音がショボいのが残念だけれど。

第8位 フィール・ザ・ペイン(1994)
Feel the Pain

Without a Sound -Deluxe- [Analog]

94年のアルバム『ウィズアウト・ア・サウンド(Without a Sound)』からのシングルで、米モダン・ロック・チャート4位と、彼らとしては最も売れたシングルのひとつに数えられる。

「痛みを感じる」というタイトルの、彼らにしてはやや内省的でメロウな曲になっているが、この時期にJ・マスシスの父親が亡くなったことがアルバム全体に影を落としているそうだ。

第7位 スタート・チョッピン(1993)
Start Choppin

Where You Been -Deluxe- [Analog]

ダイナソーJr.絶頂期の名盤『ホエア・ユー・ビーン(Where You Been)』は、音質も劇的に改善され、迫力満点破壊力抜群のリアル・ダイナソー・ワールドを堪能できる。

この曲はアルバムからの2ndシングルとなり、米モダン・ロック・チャート3位、全英20位と、どちらもダイナソーJr.の全キャリアのシングル最高位となった。

第6位 タイニー(2016)
Tiny

Give a Glimpse of What Yer Not [12 inch Analog]

2016年に発表された、現時点(2020年6月)での最新アルバム『ギヴ・ア・グリンプス・オブ・ホワット・ヤー・ノット(Give a Glimpse of What Yer Not)』からのシングル。

1度聴いただけで口づさめるポップなメロディとヘヴィなサウンド、のたうたまわる恐竜のようなギター・ソロ、豪快で疾走感あふれる曲だ。
30年経っても自分たちのスタイルを変えないって、素晴らしいことだ。

「タイニー」の過去記事はこちら

第5位 クール・ウィズ・ミー(1991)
Whatever’s Cool with Me

Whatever's Cool With Me

メジャー移籍作『グリーン・マインド』でブレイクした後に、続けざまに発表されたEPのタイトル曲。

疾走感と清々しい破壊力でどんなときでもポジティヴな気分にさせてくれた、90年代のロックンロールだった。

「クール・ウィズ・ミー」の過去記事はこちら

第4位 ゲット・ミー(1992)
Get Me

Where You Been -Deluxe- [Analog]

1992年にアルバム『ホエア・ユー・ビーン』よりひと足早く発表された先行シングル。

J・マスシスの真骨頂、激しく泣き叫ぶようなギター・ソロが聴ける、スロー・ナンバーの名曲。特にエンディングのギター・ソロにグッと来てしまう。

「ゲット・ミー」の過去記事はこちら

第3位 リトル・フューリー・シングス(1987)
Little Fury Things

You're Living All Over Me

2ndアルバム『ユーアー・リヴィング・オール・オーヴァー・ミー(You’re Living All Over Me)』のオープニング・トラック。

ポップな歌メロと歪んだ轟音ギターのハードコア・サウンドの融合というダイナソーJr.のスタイルが確立した記念碑的な曲。これをソニック・ユースのメンバーらが絶賛したことから、脚光を浴びることになった。

音質や楽曲の完成度はこの後のほうがより高くなっていくが、圧倒的な破壊力は今聴いても凄まじい。

「リトル・フューリー・シングス」の過去記事はこちら

第2位 ワゴン(1990)
The Wagon

グリーン・マインド (デラックス・エディション) GREEN MIND (DELUXE EXPANDED EDITION)

メジャー移籍作『グリーン・マインド(Green Mind)』のオープニングにも収録された、先行シングル。

ダイナソーJr.の名前を轟かせ、90年代ロックの幕開けを告げた鮮烈なロックンロールだった。

当時は毎日のように聴いて、パワーを貰ったものだった。

「ワゴン」の過去記事はこちら

第1位 フリーク・シーン(1988)
Freak Scene

Bug [Analog]

3rdアルバム『BUG』のオープニング・トラック。

フェンダー・ジャズマスターの安っぽい音のイントロで始まり、眠そうなJ・マスシスがもごもごと歌い出すポップなメロディ、疾走する轟音ギター、やがてとち狂ってのたうち回った挙句に宙に放り投げられるようなギター・ソロまで、すべてがもうたまらない。

「フリーク・シーン」の過去記事はこちら

ダイナソーJrのアルバムを最初に聴くなら、唯一のベスト・アルバム『イヤー・ブリーディング・カントリー ザ・ベスト・オブ・ダイナソーJr.』がお薦めだ。初期インディーズ時代から2018年までおよそ30年のキャリアから選ばれた全38曲入り(ちょっと多めだけど)、聴くべき代表曲はすべて網羅されている。

選んだ10曲がぶっ続けで聴けるまとめ動画集をYouTubeで作成しました。

↓まとめ動画集

また、apple musicのプレイリストとしても作成済みです。

apple musicをご利用の方はこちらのリンクからプレイリストにジャンプできます。

ダイナソーJr.【名曲ベストテン】Dinosaur Jr. Greatest 10 songs (goromusic.com)

ぜひお楽しみください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする