スローイング・ミュージズ/ノット・トゥー・スーン(1991)

リアル・ラモーナ

【女子ロックの快楽】 その6
Throwing Muses – Not Too Soon

スローイング・ミュージズは1984年にデビューした、アメリカのロードアイランド州ニューポート出身のバンドだ。

この1991年当時は、フロントマンの2人が女子(どちらもヴォーカル&ギター)で、ベースとドラムが男子だった。

2人の女子はクリスティンとタニヤという、高校の同級生で、異父姉妹でもあった。

ん? どういうこと?

よくわからないが、きっと複雑な事情があるのだろう。


この曲は4枚目のアルバム『リアル・ラモーナ』からのシングルで、タニヤが書いて、タニヤが歌っている。

しかしタニヤは、このアルバムを最後に脱退してしまう。


スローイング・ミュージズは、クリスティーンを中心に、3人で活動を続けた。

脱退したタニヤはピクシーズのベーシスト、キム・ディールとブリーダーズを結成した。

1年後にはブリーダーズも脱退し、ベリーを結成、4年後に解散して、現在までソロで活動している。

なんかよくわからないが、きっと複雑な事情があるのだろう。

明らかにピクシーズに影響を受けている、ラウドなギター、ユーモアとポップセンスがあふれるメロディが素晴らしい、いかにも91年的なロックンロールだ。

記事を書いた人(Goro)

愛知県在住。中学卒業後、無知蒙昧のまま社会にさ迷い出て、底辺職を転々した後、地元の映画館に拾われる。映画館に10年勤めた後、レンタルビデオチェーンのバイヤーを20年勤め、現在は再び底辺職で肉体労働の日々に返り咲く。心に平安が訪れている。生活に不満はなし。音楽にはいろいろと救われている。「映画は映画館で観なきゃダメ派」ではない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする