ティン・マシーン/ティン・マシーン(1989)

ティン・マシーン

【80年代ロックの快楽】
Tin Machine – Tin Machine

英国代表ストーン・ローゼスと米国代表ピクシーズが英米同時多発ロック革命の火種となった1989年、その衝撃波はロック界のスーパースター、デヴィッド・ボウイへも大きな影響を及ぼす。

当時のデヴィッド・ボウイは、こう語っている。

1980年代、ソニック・ユース以外で最も説得力のある音楽はピクシーズだった。彼らの中には猟奇的なビートルズみたいな要素があると、いつも思っていた。
(出典:Rolling Stone誌)

猟奇的なビートルズというのも上手い表現だと思うが、わたしと同じぐらいかそれ以上にピクシーズの虜になってしまったボウイは、それまでのキャリアを投げ捨て、「過去の歌は二度と歌わない」と宣言し(後に歌うが)、まさにソニック・ユースやピクシーズに強く影響を受けたバンド、ティン・マシーンを結成する。

この曲は1stアルバムに収められた、ティン・マシーンのテーマ曲的なナンバーだ。
バンドはじめたてのキッズのような、理屈抜きのシンプルガレージロックが微笑ましい。
ピクシーズどころか、ストゥージズのようでさえある。

残念ながらティン・マシーンは商業的には失敗し、アルバム2作で解散したが、支持者が決していなかったわけではない。
わたしもそのひとりだ。

記事を書いた人(Goro)

愛知県在住。中学卒業後、無知蒙昧のまま社会にさ迷い出て、底辺職を転々した後、地元の映画館に拾われる。映画館に10年勤めた後、レンタルビデオチェーンのバイヤーを20年勤め、現在は再び底辺職で肉体労働の日々に返り咲く。心に平安が訪れている。生活に不満はなし。音楽にはいろいろと救われている。「映画は映画館で観なきゃダメ派」ではない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Customwritingservice より:

    ゴロー,thank you ever so for you post.Much thanks again.