プリテンダーズ/ストップ・ユア・ソビン(1979)

Pretenders [Explicit]

【カバーの快楽】 
Pretenders – Stop Your Sobbing

songwriter : Ray Davis

1979年1月にリリースされた、プリテンダーズのデビュー・シングル。全英34位。

原曲はキンクスの1stアルバムに収録された曲で、弱冠20才のレイ・デイヴィスのソングライティングの才能が開花した、アルバムの中でも最も独創的な曲として異彩を放っている名曲だ。

わたしもこの曲は、キンクスの中でも最も好きな曲のひとつだ。
こういう、どこかノスタルジックでせつない楽曲こそ、レイ・デイヴィスの真骨頂だ。

マルコム・マクラレンとヴィヴィアン・ウエストウッドが経営していたブティック《セックス》で働いていたクリッシー・ハインドはセックス・ピストルズのメンバーと近しい間柄で、彼らに影響を受けてバンドを始めた。

しかしパンクのアティチュードは受け継ぎながらも、プリテンダーズは、パンクの連中が否定した60年代のブリティッシュ・ビート・バンドのカバーでデビューした。まるで、〈パンクも良いけど、私たちは王道ロックで行くわよ〉宣言みたいな気骨を感じる。
しかも、ザ・フーやストーンズではなく、キンクスのせつない系を選ぶところなんて、抜群のセンスを感じる。

プロデュースを頼んだニック・ロウに、この曲とオリジナル2曲が入ったデモテープを渡すと、この曲がデビュー・シングルに採用されたということだ。

クリッシー・ハインド、レイ・デイヴィス、セックス・ピストルズ、ニック・ロウ。

登場人物、全員好き

プリテンダーズの映画でも作ってくれないかなあ。

Visited 45 times, 1 visit(s) today

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする