【映画】『バックビート』(1994 英) ★★★★☆

バックビート [DVD]

【音楽映画の快楽】
Backbeat

監督:イアン・ソフトリー
主演:スティーヴン・ドーフ

また、女か。

ビートルズがレコード・デビューする以前の5人編成だった頃の実話で、ベーシストだったスチュアート・サトクリフを主人公にした映画だ。

スチュアートがビートルズを脱退したのは結局、魔性の女みたいな写真家にうつつを抜かしてしまったというのがこの映画では真相のようで、もう音楽映画では見飽きたような展開だけれど、実話なのだから仕方がない。

こうなると、この映画では一切触れられていない、ドラマーのピート・ベストもなぜデビュー直前で解雇されたのか、という映画も見てみたくなる。
こっちはこっちで、相当メンバー間の葛藤もあり、揉めたらしいからだ。

ビートルズのメンバーもよく似せているし、演奏シーンが多いのと、その演奏がなかなかカッコイイので楽しめる。
音楽監督はドン・ウォズ、演奏しているのは当時の米オルタナ・ロックのスーパーグループみたいなメンバーだ。

デイヴ・パーナー(ソウル・アサイラム)、ボーカル
サーストン・ムーア(ソニック・ユース)、ギター
ドン・フレミング(ガムボール)、ギター
マイク・ミルズ(R.E.M.)、ベース
デイヴ・グロール(ニルヴァーナ)、ドラム

デイヴの、いつもながら親の仇みたいに叩くドラムは最高だな。

記事を書いた人(Goro)

愛知県在住。中学卒業後、無知蒙昧のまま社会にさ迷い出て、底辺職を転々した後、地元の映画館に拾われる。映画館に10年勤めた後、レンタルビデオチェーンのバイヤーを20年勤め、現在は再び底辺職で肉体労働の日々に返り咲く。心に平安が訪れている。生活に不満はなし。音楽にはいろいろと救われている。「映画は映画館で観なきゃダメ派」ではない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする