No.500 U2/アメリカン・ソウル (2017)

≪オールタイム・グレイテスト・ソング 500≫ その500
U2 – American Soul

最後はU2で締めくくろう。

この曲は先月発売されたばかりのU2の14枚目のスタジオ・アルバム、『ソングス・オブ・エクスペリエンス』の収録曲だ。
上の写真はそのアルバムジャケットだけど、左がボノの息子、右がジ・エッジの娘なのだそうだ。

それは場所のことじゃない
この国はおれにとってドラムとベースの音だ
目を閉じて、探し出せ、感じろ
それがサウンドだ

(written by U2)

アイルランドが生んだ世界最高峰のロックバンドであるU2もまた、ロックの原点である「アメリカ」にこだわり続け、憧れ続ける。
それはすべてのロックを愛する者が心のどこかで愛と崇敬を抱いている国だ。

アメリカと言っても、ジョージ・ワシントンやドナルド・トランプのことを言ってるわけではない。
そんな名前はどうでもいいし、なんの憧れも抱かない。
世界最強の軍事力や、極端な格差社会や、人種や宗教の問題を根深く抱えた国であることも、また別の話だ。

君たちはロックンロールだ
君たちと僕はロックンロールだ
アメリカン・ソウルを感じるんだ

(written by U2)

われわれが憧れるアメリカとは、マディ・ウォーターズやジョニー・キャッシュの国、チャック・ベリーやボブ・ディランの国、すべてのロックミュージックの源流としての「アメリカ」である。

U2もまたプライマル・スクリームと同じく、常にロックの未来に向かって進み続けてきたバンドだ。
ロックを聴くこと、信じることをやめたくなったときに、U2やプライマルの新しいアルバムを聴けば、やっぱりもう一回ロックを聴いてみようかな、という気にさせられたものだ。

U2には他にも、この曲よりもずっとよく出来た名曲が山ほどあるのはもちろん承知の上だ。

でもこの≪500≫の最後に選ぶ曲は、初めてロックを好きになった頃を思い出させてくれるような、そしてこれからのロックの新たな展開も楽しみになるような、そんな曲を選びたかった。
多くの人が共感できるわけではないだろうけど、少しでも伝わったら嬉しいな。

ロックは決して絶滅した過去の音楽ではなく、生々しい現在の音楽であり、未来に向けて創造が続けられているアートである。
わたしはこれから先も、新しいロック・ミュージックを聴き続けていくだろう。

これで500回。

最後まで付き合ってくださったみなさん、ありがとうございました。
みなさんの「いいね!」や楽しいコメントのおかげで、モチベーションを維持することが出来ました。

内容はともかくとしても、開始から1日も休まずに500回を500日で完結させたことは、自画自賛させていただきます。Yeah。

あと少しまとめ記事みたいなものを書いた後、ブログはしばし休止することになりますが、いつかまた、なにかしらのテーマで再開したアカツキには、応援の程よろしくお願いいたします。

記事を書いた人(Goro)

愛知県在住。中学卒業後、無知蒙昧のまま社会にさ迷い出て、底辺職を転々した後、地元の映画館に拾われる。映画館に10年勤めた後、レンタルビデオチェーンのバイヤーを20年勤め、現在は再び底辺職で肉体労働の日々に返り咲く。心に平安が訪れている。生活に不満はなし。音楽にはいろいろと救われている。「映画は映画館で観なきゃダメ派」ではない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ごろー より:

    おっ、マジメなやつですね。
    ありがとうございます。

    そもそもわたしのほうこそ、このブログを10年前に始めたときの最初の投稿が「ロックはもう死んだのか?」というところからスタートしているので、r-bues氏が書かれている自戒は、そっくりそのままわたし自身が書きながら感じていたことでもあります。

    事情はよく知りませんが、復活されてなによりです。
    わたしも頑張らなきゃ。

  2. r-blues より:

    感謝death (長文)
    ロックは死んだってことを受け入れて久しい私は、このブログに出会って、死んでたのは自分なんだと気づきました。
    自分の環境を振り返ると、その通りです。
    「残念だけど、やっぱりロックはもう死んだかな、」
    と思い始めた頃からの私は、いま振り返ってみると確かに死んでました。

    最後のNo.499, No.500は好きだった筈のアーティストなのに、新作に期待もせず、目も向けてませんでした。

    昨年夏くらいから、いろんな意味で自分が復活した感を感じてます。
    最高だった頃のロック(或いは自分)にばかり縛られず、新しいロック(或いはこれからの自分)に、期待していいんだと。

    Goroさんの毎日の投稿と、PV動画なくしては、ソレに気付く事ができなかったのは間違いありません。

    500日のご教授、感謝いたします。
    ありがとうございました。

  3. ごろー より:

    ありがとうございます!
    わたしのほうこそ、フー太郎さんのコメントに、「その通り、そういう言い方があったか!」と悔しい思いもすることが多々ありました。

    明らかにわたしより詳しいアーティストのコメントは興味深かったですし、今回のコメントもそうですが、わたしの言いたかったことをほんとによくわかってくれてるんだなあといつも感心していました。
    とても心強かったです。

    またいつか、なにか書き始めたら、ぜひ覗いてください。

  4. フー太郎 より:

    貫禄の感無量の500
    最後NO.500はどのミュージシャンが来るかと楽しみにしていましたが、過去形ではない現在進行形でなおかつ、決して守りに入らずに攻めの姿勢を忘れない名実共に最強のバンドU2が最後の大トリと分かった時には凄くごろーさんらしいなと個人的に実感しました。シンガーやバンド形態、年代、ジャンルと色々精通しており、更に自分の中で咀嚼して書いていらっしゃった文章が大好きでした。もしブログを更新される時がきたらまた覗かせてくださいね。ごろーさんの素敵な文章に負けないくらいのコメントを書けたらなーと思っています。本当にお疲れ様でした。

  5. ごろー より:

    あざーっす!
    隠れなくてもいいんですよ!

  6. いたくら より:

    お疲れ様でした!
    祝!500回!
    お疲れ様でした!ゴローブログの隠れファンより