ユージニアス「ブレックファスト」(1992)

Oomalama

【90年代ロックの快楽】
Eugenius – Breakfast

ヴァセリンズ解散後のユージン・ケリーが92年に結成したのが、このユージニアスだ。

ロックなんてものはまあ、ロックなんて言うぐらいだし、ガチガチでビンビンなのがやっぱりカッコいいし求められていると思うのだけど、なんだかわたしはフニャフニャでヘロヘロなものにも惹かれるのである。
フニャフニャでヘロヘロでダメダメなものはわたしの共感を呼んでしまうのである。

当時アメリカで巻き起こるグランジブームの台風の中心、ニルヴァーナにカバーされたおかげで予想外の脚光を浴びることになったユージン・ケリーは、そのフニャフニャでヘロヘロでメロディアスな歌をまるで返礼のようにグランジ風のサウンドにのせて、音楽人生のピークであったかもしれないぐらい精一杯ビンビンに頑張っている感じが微笑ましくも感動的である。

単なる「朝食」というタイトルのこのきわめてシンプルな曲に、下手したらちょっと泣けてくるぐらい感動してしまうのが、自分でもよくわからない。

Visited 40 times, 1 visit(s) today