ニール・ヤング/今宵その夜(1975)

今宵その夜

≪夜のロック≫その1

Neil Young – Tonight’s the Night

この曲は75年のニール・ヤングのアルバム、『今宵その夜』のタイトル曲である。

このアルバムは1972~3年にかけてニールが失った、2人の友人に捧げられている。


1人はクレイジー・ホースのギタリスト、ダニー・ウィットン。

「カウガール・イン・ザ・サンド」でニールと、まるで永遠に終わらないみたいなギターのインタープレイをした相手だ。

「おれとあんな風にギターが弾けるやつはいなかった」とニールは語っている。

しかし彼はドラッグと、あまりに深く関わりすぎてしまった。

1972年のニールとのツアー中、彼はもうまともな演奏ができなくなった。

ツアーの途中だったが、50ドルを渡されてLA行きの飛行機に乗せられ、帰途に就いた。

そしてその夜、彼は高純度のヘロインを手にし、この世を去った。


もうひとりは、その半年後、クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングのローディーだった、ブルース・ベリーだ。

彼もまた、ヘロインの過剰摂取で命を落とした。

彼の名前はこの曲の歌詞にも出てくる。

彼が死んだと電話で聴いたときは喉が凍りついた、とニールは歌っている。


ニールとクレイジー・ホースのメンバーはテキーラをがぶ飲みしながらこの曲をレコーディングしたそうだ。

たしかにニールのヴォーカルはいつも以上にヘロヘロだけれど、その歌声には鬼気迫るような生々しい感情が漏れ出ている。

レコード会社はこのアルバムは商品にならないと思ったのか、お蔵入りにした。

そして2年後に陽の目を見ることとなった。

今でもニール・ヤングのファンの間で最も愛されているアルバムのひとつである。


この曲はニール・ヤングのライヴの最後に演奏されることが多い。

79年のライヴアルバム『ライヴ・ラスト』もそうだし、91年の『ウェルド』のツアーでもそうだった。

わたしが唯一、ニール・ヤングとクレイジー・ホースのライヴを見ることができた2001年のフジロックでもそうだった。

記事を書いた人(Goro)

愛知県在住。中学卒業後、無知蒙昧のまま社会にさ迷い出て、底辺職を転々した後、地元の映画館に拾われる。映画館に10年勤めた後、レンタルビデオチェーンのバイヤーを20年勤め、現在は再び底辺職で肉体労働の日々に返り咲く。心に平安が訪れている。生活に不満はなし。音楽にはいろいろと救われている。「映画は映画館で観なきゃダメ派」ではない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする