No.067 テレヴィジョン/マーキー・ムーン (1977)

Marquee Moon
≪オールタイム・グレイテスト・ソング 500≫ その67
Television – Marquee Moon

テレヴィジョンもまたNYパンクの代表に挙げられる存在だけれど、ラモーンズやハートブレイカーズのようなシンプルな原点回帰のロックンロールとはまったく違う。

ダークな異世界から聴こえてくる、冷たい狂気と仄かなエロの匂いがする、これ以上どうにもできないぐらい完成した音楽だ。
初期パンクの時代なのに、雰囲気はどことなく80年代のニュー・ウェイヴみたいだ。

ヴェルヴェット・アンダーグラウンド~テレヴィジョン~ソニック・ユースという系譜のど真ん中にいる、ニューヨーク・アンダーグラウンド・フロアのレジェンドだ。

この曲は彼らの名盤1stアルバム『マーキー・ムーン』に収録されたタイトル曲。
10分40秒という長い曲だ。
もしかするとこの≪500≫で選ばれる曲の中では最も長い曲になるかもしれない。

ジャムセッションみたいな長い曲はわたしは苦手なのだけど、この曲は最後までずっと聴いていられる。名曲だ。
でも朝からは聴けない。やっぱり夜じゃないと。

ひきつったようなヴォーカルの歌メロもいいけど、この曲はギターがすごく好きだ。

記事を書いた人(Goro)

愛知県在住。中学卒業後、無知蒙昧のまま社会にさ迷い出て、底辺職を転々した後、地元の映画館に拾われる。映画館に10年勤めた後、レンタルビデオチェーンのバイヤーを20年勤め、現在は再び底辺職で肉体労働の日々に返り咲く。心に平安が訪れている。生活に不満はなし。音楽にはいろいろと救われている。「映画は映画館で観なきゃダメ派」ではない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする