ザ・ローリング・ストーンズ/ワン・ヒット(1986)

ダーティ・ワーク

ザ・ローリング・ストーンズ
【100グレイテスト・ソングス】#34
The Rolling Stones – One Hit

1986年のアルバム『ダーティ・ワーク』のオープニング・ナンバーだ。
前年にミック・ジャガーが初のソロ・アルバムを発表して商業的な成功を収め、勢いに乗ってデヴィッド・ボウイとのデュエットだとか、ソロ・ツアーだとかで大忙しだった。
そんな、ストーンズよりもソロ活動にハマっているミックに対してキース・リチャーズは怒り心頭となり、2人の仲がいちばん険悪だった頃の作品として、ファンには知られているアルバムである。

それでもこんな、凡百のアーティストでは鼻血をぶちまけたって出来なさそうなカッコいい曲をちゃんと作ってしまうのだから大したものだ。

PVでは、怒りに燃えるキースが今にもミックをぶっ飛ばしそうな、殺気立った絡みを見せてくれる。

記事を書いた人(Goro)

愛知県在住。中学卒業後、無知蒙昧のまま社会にさ迷い出て、底辺職を転々した後、地元の映画館に拾われる。映画館に10年勤めた後、レンタルビデオチェーンのバイヤーを20年勤め、現在は再び底辺職で肉体労働の日々に返り咲く。心に平安が訪れている。生活に不満はなし。音楽にはいろいろと救われている。「映画は映画館で観なきゃダメ派」ではない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする