ザ・クラッシュ/ロンドンは燃えている(1977)

白い暴動(紙ジャケット仕様)

【パンク・ロックの快楽】
The Clash – London’s Burning

ロンドンは「退屈」で燃えている! と歌う歌だ。

1977年当時、おそらくイギリスでは文化も経済も停滞・低迷した時代だったのだろう。

そのうえロックは、難解なプログレやハード・ロックが幅を利かせ、ガキの音楽ではなく、大人たちが楽しむ芸術音楽になりかけ、始末に負えないほど金を稼ぐ怪物に成長していた。

この曲は、行進曲のような単純なビート、童謡のように憶えやすいメロディ、唾を飛ばして吐き捨て叫ぶヴォーカルに、テクニックをひけらかす代わりに耳障りなノイズを放射する攻撃的なギターと、当時のロックのすべて真逆を行く、アンチテーゼだった。

この前向きで単純で刺激的なロックに、退屈でフラストレーションが爆発寸前だった新しい世代のガキどもが熱狂した。
ザ・クラッシュはパンク・ロックでロンドンを焼き尽くし、時代を変えたのだった。

それにしてもまあ、この1stアルバム『白い暴動』は最高だ。ピストルズの『勝手にしやがれ』と並ぶ、70年代のロンドン・パンクを代表する名盤である。

ロックにも色々あるし、変化もしていくので、こっちが聴き方を変えて、楽しまなければならないこともある。

まるで美術館で現代アートを見ているように、わかりにくいその「良さ」を無理やり探しながら聴くというシチ面倒くさいシステムの聴き方が常態となっているときに、こういうクラッシュみたいな、ただもうシンプルでカッコいいだけのロックでしかないものをあらためて聴くと、「ああ、これよ、これこれ」と、服を脱ぎ捨てて金玉をブラブラさせるような実に爽快な気分になるのだ。

記事を書いた人(Goro)

愛知県在住。中学卒業後、無知蒙昧のまま社会にさ迷い出て、底辺職を転々した後、地元の映画館に拾われる。映画館に10年勤めた後、レンタルビデオチェーンのバイヤーを20年勤め、現在は再び底辺職で肉体労働の日々に返り咲く。心に平安が訪れている。生活に不満はなし。音楽にはいろいろと救われている。「映画は映画館で観なきゃダメ派」ではない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする