もっと聴きたいパワー・ポップ【10組10曲】10 POWER POP Songs to Listen to Next

fountains of wayne <ファウンテインズ・オブ・ウェイン> Support Act: MIKE VIOLA (solo)|スケジュール  | NAGOYA CLUB QUATTRO(名古屋クラブクアトロ)公式サイト

昨日公開した記事〈はじめてのパワー・ポップ【必聴10組10曲】〉の続編になります。

パワー・ポップに興味を持った方、もっと聴いてみたい方にお薦めする、さらに深い沼へとご招待する10組10曲です。

ほとんどがマイナーなバンドではあるけれども、なぜこれがもっと世間に知られていないのか、なぜ街行く人々がこれを口づさんでいないのか、不思議になるぐらいキャッチーでポップでパワフルな名曲ばかり、10組10曲を選んでみました。

はじめてのパワー・ポップ【必聴10組10曲】はこちら

ラズベリーズ/ゴー・オール・ザ・ウェイ(1972)
Raspberries – Go All The Way

米オハイオ州出身のラズベリーズの代表曲。パワー・ポップの代表例として挙げられることも多いけれども、極端にパワフルなギターと極端にポップなメロディーの、そのあまりの振幅の激しさは、面白いとも言えるし、気持ち悪いとも言える、なんともクセの強い曲だ。
ヴォーカリストは、後にシンガー・ソングライターとして成功するエリック・カルメン。

「ゴー・オール・ザ・ウェイ」の過去記事はこちら

ブリンズリー・シュウォーツ/ピース・ラヴ・アンド・アンダースタンディング(1974)
Brinsley Schwarz – (What’s So Funny ‘Bout) Peace, Love, and Understanding

1970年にデビューしたイギリスのバンド、ブリンズリー・シュウォーツは、ニック・ロウを中心としたバンドで、パブ・ロックの元祖として知られる。
元々はカントリーやレイドバックした音楽を得意とし、「イギリスのザ・バンド」の異名を持つバンドだったが、売れないこともあってか、最後のアルバムで方向転換したのがこの曲。後のニック・ロウらしいポップ・センスを発揮して、ブリンズリーでは最も知られる曲となった。

「ピース・ラヴ・アンド・アンダースタンディング」の過去記事はこちら

ジ・オンリー・ワンズ/アナザー・ガール、アナザー・プラネット(1978)
The Only Ones – Another Girl Another Planet

パンク・ムーヴメント真っただ中にデビューしたロンドンのバンド。パンクの文脈で語られることも多いが、カッコいいギター・ソロやポップなメロディはパンクというより王道ロックであり、パワー・ポップと言ったほうがしっくりくる。

「アナザー・ガール、アナザー・プラネット」の過去記事はこちら

ザ・カーズ/マイ・ベスト・フレンズ・ガール(1978)
The Cars – My Best Friend’s Girl

米ボストン出身のカーズの代表曲。全米35位、全英3位と、イギリスのほうで先に火が点いたのもわかる気がする、アメリカの土の匂いがまったくしない、ポップでスタイリッシュな曲だ。

「マイ・ベスト・フレンズ・ガール」の過去記事はこちら

ザ・プリミティヴズ/クラッシュ(1988)
The Primitives – Crash

80年代後半のイギリスのバンドで、ザ・バーズとラモーンズの要素を併せ持ったようなバンドだ。
革ジャン野郎たちが奏でるパワフルなサウンドと、マリリン・モンロー風の女性ヴォーカル、トレイシー・トレイシーがウィスパー・ヴォイスで歌うポップなメロディが特長だ。

「クラッシュ」の過去記事はこちら

スーパードラッグ/サックド・アウト(1996)
Superdrug – Sucked Out

米テネシー州出身のバンド、スーパードラッグの代表曲。この1曲で、パワー・ポップ・ファンの心に永遠にその名を刻んだバンドだ。このシャウトというか、魂の絶叫は、まさにロックンロール・マジックが降臨した瞬間。

ファウンテインズ・オブ・ウェイン/シンク・トゥ・ザ・ボトム(1996)
Fountains Of Wayne – Sink To The Bottom

1996年にデビューした米ニューヨーク出身のバンドの2ndシングル。ウィーザーとよく比較されたバンドだった。哀愁漂うメロディが印象的だ。

アッパー・ルーム/オール・オーヴァー・ディス・タウン(2004)
The Upper Room – All Over This Town

英ブライトン出身で2004年にデビューし、たった1枚のアルバムを残して解散してしまったアッパー・ルーム。まさに儚い青春の1ページみたいな、エヴァーグリーンの名曲。

「オール・オーヴァー・ディス・タウン」の過去記事はこちら

ザ・クリック・ファイヴ/ジャスト・ザ・ガール(2005)
The Click Five – Just The Girl

見た目からしてもうブリティッシュ・ビート好きの匂いがプンプンするけど、2005年にデビューした米ボストン出身のバンドの2ndシングルで、全米11位となった大ヒット曲。影響を受けたアーティストにチープ・トリックやシルヴァーチェアなどを挙げていた、もうそれだけで魅力的なバンドだった。2013年解散。

エクス・ヘックス/ビースト(2014)
Ex Hex – Beast

2014年にデビューした米ワシントン州の3人組ガールズ・バンドの1stアルバム『リップス(Rips)』収録曲。気合の入ったギターとポップなメロディによる豪快でアグレッシヴなナンバーだ。

選んだ10曲を続けて聴けるYouTubeプレイリストを作成しましたので、ご利用ください。

♪プレイリスト⇒もっと聴きたいパワー・ポップ【必聴名曲10選】はこちら

また、apple musicのプレイリストとしても作成済みです。
apple musicをご利用の方はこちらのリンクからプレイリストにジャンプできます。

もっと聴きたいパワー・ポップ【10組10曲】10 POWER POP Songs to Listen to Next (goromusic.com)

ぜひお楽しみください。

(by goro)

Visited 64 times, 1 visit(s) today