ザ・ローリング・ストーンズ/エニバディ・シーン・マイ・ベイビー?(1997)

ブリッジズ・トゥ・バビロン(紙ジャケット仕様)

ザ・ローリング・ストーンズ
【100グレイテスト・ソングス】#81
The Rolling Stones – Anybody Seen My Baby?

『ブリッジズ・トゥ・バビロン』からのシングル。全英22位。

この、ストーンズにとって90年代2枚目のアルバムの制作過程についてキースは自伝でこう語っている。

「ミックはなにがなんでも最先端の音楽を作りたがっていた。あいつはなんの相談もなく、グラミー賞を受賞した最先端の連中をひとチームと、8人のベーシストを含むミュージシャンをどっさり雇っていた」。

最先端かどうかはわからないけど、この曲もストーンズとしては新鮮な響きのする楽曲ではある。ベースが強いバース部分もカッコいいし、コーラスのメロディもエレガントな印象だ。

ソングライターのクレジットが(Mick Jagger/Keith Richards/k.d. Lang/Ben Mink)になっているのは、そのコーラス部分がk.d.ラングのヒット曲「コンスタント・クレヴィング(Constant Craving)」にそっくりだからということだ。これはレコーディング中にキースの娘とその友人が気づいたのだそうだ。

訴訟対策ということでk.d.ラングの名前をクレジットに入れることになったが、彼女自身は「こんな光栄なことはない」と語っている。

「コンスタント・クレヴィング」は昔、わたしも好きでよく聴いた曲だ。
k.d.ラングはもともとカントリー歌手としてデビューしたが、1992年にAORにシフトしてこの曲を発表すると大ヒットし、グラミー賞も受賞した。

ちなみにこのPVで、ミックが追いかける丸坊主ストリッパーは、有名になる前のアンジェリーナ・ジョリーだ。

『トゥームレイダー』の4年前、22歳のときの”アンジー”である。

Visited 85 times, 1 visit(s) today