【きょうの余談】ストーンズ、オリジナル・メンバーによる「悪魔を憐れむ歌」の初ライヴ映像がYouTubeで解禁!

ザ・ローリング・ストーンズ ロックン・ロール・サーカス

1968年12月に撮影された、ローリング・ストーンズを中心とした映像作品『ロックンロール・サーカス』からの映像だ。
ザ・フー、ジョン・レノン、エリック・クラプトンなども出演した豪華な映像作品だったが、完成はしたもののなぜかお蔵入りとなった、幻の作品だった。

お蔵入りとなった理由は明らかにされていないけれど、版権の問題や、ミックがストーンズの演奏に満足しなかったため、などと言われていたものだ。

その後1996年にVHSとして初めて解禁され、2004にはDVDも発売されているので、すでにご覧になった方も多いだろう。

でもわたしはこれまで見る機会がなくて、今回初めて見た。カッコいい映像だ。

歴史的名盤『ベガーズ・バンケット』リリースの1週間後であり、「悪魔を憐れむ歌」をライヴ演奏したのはこれが初めてだったらしい。だからオリジナルに近いテイストのアレンジなのがいい。
そして、ストーンズの黄金時代が今まさに始まった瞬間の、貴重な映像がきれいな映像で残されたていたのがなにより嬉しい。

そりゃ、演奏にケチをちけようと思えばできるけど、ミックのヴォーカルはかなりイケてるし、キースだって頑張ってるし、なんてったって元気なブライアンがいるのだ。たとえマラカス担当だとしても。

観客もノリノリ、ジョン・レノンも踊り狂っている。

「悪魔を憐れむ歌」の過去記事はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする