ラーズ/ゼア・シー・ゴーズ(1988)

ラーズ(+8)

【80年代ロックの快楽】
The La’s – There She Goes

ラーズは英リヴァプール出身のバンドだ(なぜか日本ではザ・ラーズではなくてラーズと表記されている)。

1987年にシングル・デビューするものの、なかなかアルバムが出なかった。
フロントマンのリー・メイヴァースが見るからに頑固職人タイプで、完成したシングルの出来に満足がいかなくて発売を止めたり、レーベルと上手くいかず、プロデューサーと上手くいかず、アルバムの制作を途中で放棄したり、プロデューサーが独力で仕上げて発売したら、それでまた激怒してファンに「買うな」と言ったりと、さすがにちょっとどうかしてるぜというてんやわんやが続いた。
結局彼らは、その買ってはいけないらしいアルバム1枚だけしか残さなかった。

しかしこの「ゼア・シー・ゴーズ」は名曲として聴き継がれ、彼らの代表曲となっている。

初期バーズのような親しみやすいアコースティック・サウンドと、シンプル極まりない美メロはいかにもイギリスらしい楽曲として愛され、今も聴き継がれている。

Visited 53 times, 1 visit(s) today

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする